FC2ブログ

COJゲートボール部


昨日やった遊びが結構面白かったので紹介。

現在全国対戦ではVer.1.2以降のカードが使用できるCOJですが、あえてVer.1.0~1.2EXまでに使用カードを絞って店内対戦を行うという遊び方。

昔からやっているおじいちゃん向けのゲートボールルールです。

細かいルールは以下の通り。




・カード制限
使用できるカードはver1.0~1.2EX
PRは以下のリストのもののみ
SPカードは再録のみ
20180915プロモリスト

・デッキ制限
同名カードは3枚まで(水着系、SP系による重複禁止)

・プレイ制限
ジョーカーは1ゲームに1回のみ
ジョーカーは片方のみを使用する
(1stに選択しているキャラを使用する)
トリガー、インターセプトのライド禁止




ルールを絞って少しでも1.2環境に近付けてやってました。

もちろんライフが増えてたりカード効果が変わってたりもあるので完全再現とまではいかないんですけど、それでもベルゼブブや毘沙門が活躍するCOJはなんだか胸に来るものがありました。


今回は昨日の試合の一部を画像で紹介していきたいと思います。

DSC_1676.jpg

今回使用したデッキはこれと猿珍獣。デッキを作った瞬間からワクワクが止まりませんでした。カードパラメータの変更もあり、改めて考えなきゃいけないところは沢山あるんですが、勝ち負けによるポイントの増減もないので完全に楽しさ重視。使用ジョーカーにはワンダフルハンドを選択。

DSC_1680.jpg

後手1サラマンダー。当時の後攻側が捲くる上でBPラインの高いこのカードは重宝されていました。ライフが8になったおかげでレベル1でもBP10000になってるのがまた面白いですね。

DSC_1684.jpg

暴虐のネビロスが3000オールになって進化のいらないブレイブドラゴンに。ベルゼブブの縦除去とネビロスの横除去の択はかなり強かったです。

DSC_1687.jpg

最近では全く見なくなったジャンプーも活躍の場があって懐かしい気持ちになりました。マーヤに消滅耐性が付いてて除去しにくくなってるので構築に工夫が必要そうです。


カードパワーのインフレが進み、環境の高速化が進みきった昨今のCOJですが、ゲートボールルールだとロングゲームになる展開が多かったのでやっててかなり面白かったです。色々なケアがきちんとゲームの内容にも反映されますし、いい感じのシーソーゲームになって見てるだけでも十分楽しいルールでした。これ、無料で出来るの神ゲーでは?って感じです。

当時からやってた人なら懐かしさでかなり楽しめるんじゃないでしょうか。

紙のカードと違って機械が効果処理してしまうので、当時の効果を再現できないなどの不都合はありますが、それを差し引いても面白いルールだなと感じました。

もちろん今回のルールに限らず、1.3まで使用可能にする、などいくらでも応用は利きますしまだまだ遊び方は思い付きそうです。

与えられたもので素直に遊ぶんじゃなくてユーザー側で遊び方を考えるのも面白いものですね。

各地で撤去が相次ぎ、新弾追加の話も無いため稼動終了が噂されているCOJですが、だからこそ出来る内に楽しい遊び方をしておきたいなと感じています。

店内対戦が出来る環境が整っている人は是非遊んでみてください。




マジで稼動終了しないでくれ~。

終わり。

プレイヤー紹介ブログ


プレイヤー紹介ブログが流行っているので僕も好きなプレイヤーを紹介していきたいと思います。




関西のプレイヤー、よなっち(https://twitter.com/yochtyonatti)さんです。

つよっち


2018年8月21日時点でCOJ全国ランキング65位。
紛うことなきトップランカー。

プレイヤースキルは“未来視”

「ここで○○を重ねたら○○を引く。」という未来予知が出来ることが有名です。
常に先読みをしながら戦うプレイスタイルに惹かれる人は多いのではないでしょうか。

一般的なプレイヤーであれば「デッキが回しきれなかった」という反省になるケースがよくあると思いますが、よなっちさんの場合は「プレイヤースキルが高すぎてデッキがついてこなかった」というケースが多いです。

「ここで○○を引くはずだった」というよなっちさんの思考にデッキが付いてこない場合が多々あり、プレイングにデッキが追い付かない世界でも稀有なプレイヤーであると言えるでしょう。

こういったランキングやプレイングでの知名度も去ることながら、様々な逸話を残していることでプレイヤーの間ではよく名前が挙がります。

今回はそういったよなっちさんの伝説を後世に語り継いでいくために筆を執ることにしました。


1.煽り明天

そのリプレイは突如姿を表しました。
ゴールド対セミブロンズ。
頂上対決として掲載された明らかな格差マッチ。

TLは騒然となりました。

しかし問題はそれだけでは終わりませんでした。

そう、勝ち確煽りです。


(問題のシーンは3:08辺りから。)

クリスを出した段階で勝ちは確定していたはずなのに、そこから明天凶殺

COJではこういった勝ち確定での余計なアクションは煽りと言われます。

しかし、あのトップランカーのよなっちさんが煽りをするわけがありません。
ここからは僕の推測でしかありませんが、よなっちさんクラスのプレイヤーになると、全ての試合をきちんと反省するために非公開情報を減らすのでは無いかと考えています。
相手の手札と伏せを確認するために一度明天凶殺を打ち、墓地確認をしてから試合を終わらせに行ったんだと僕は信じています。

ちなみに明天を打ってからオートアタック押すまでの時間は0.26秒でした。





2.一生勝てねぇ


























一体いつ勝っているんだ…。




3. 7-32


COJ界では有名な数字。
7-32

この数字を排出したプレイヤーもよなっちさんです。




7勝32敗という成績になるまでCOJを続けたよなっちさんのメンタルはCOJ界では高く評価されています。
通常、数敗したら精神が壊れ筐体を破壊してしまうことで有名なCOJですが、よなっちさんは負け続けても戦い続けることが出来る不屈の精神を持っています。
このよなっちさんの精神力に惹かれるプレイヤーは後を絶ちません。

7-32の日を祝う信者もTLに現れました。




次のお祝いは来年ですね。
来年も盛大にお祝いしましょう!


4.よなっちのAV


まさかのアダルトビデオ鑑賞を他人に明かされてしまったよなっちさん。




しかし、こういった場合でも否定したりせず、堂々としているところがよなっちさんの懐の大きさを物語っています。
本人曰く、「VRはマジでやばい。」そうです。

みんなもPSVRを買おう。
https://www.jp.playstation.com/psvr/

「できないことが、できるって、最高だ。」

























真面目に書いた青紫ブログよりこっちのがRT多かったらCOJ引退します。

終わり。

青紫デッキガイド


昇格しました。
オタク、ようやくLOVERSです。
周りの知り合いみんなランク上がっちゃって追いつける気がしませんが、自分のペースでこれからもボチボチがんばります。

DlCpqWoUwAE_RLU.jpg

昇格時に使用したのは青紫デッキ。
以前きこりん(https://twitter.com/kikorinhs)さんのブログで構築に関して紹介されていました。

kikorin_cojのブログ 青紫 デッキガイド(構築編)
http://kikorin-coj.hatenablog.com/entry/2018/07/27/173036

続編のプレイング編を期待していたのですが、



とお蔵入りしたことが明かされました。
ずっと待っていた僕の期待を返して欲しい。



冗談はさておき、きこりんが書かないみたいなんで記事書いてみました。
流石に神デッキ過ぎるので色んな人に使ってほしい。
デッキもきっちり回って除去力も高い上にワンショット級の火力も出るのでデッキパワーが流石に化物です。

ここ最近使ってるレシピはこれ。

20180821青紫

29ptでDデッキなのでオベロンのとこを1ptに差し替えたりしたらCに出来ると思います。


1.マリガン

基本的に先手後手ともにネフティスで見ます。

後攻はネフティス+レイシーが出来た場合はレイシーも出してネフティスをコピーします。
コピーしたネフティスが破壊されることで紫ゲージが3確定するので非常に強力な動きです。

他にも初ターンの動きの使い分けはあるんですが、慣れるまではネフティスだけ見てればOKです。


2.動きに関して

めちゃくちゃ大雑把なイメージだとこんな感じ。

序盤:ネフティスを利用してゲージを貯めつつ中盤用の進化ユニットを手札に。
中盤:イシスやラダマンティス、ロストドラゴンで除去しつつ得点する。
終盤:グラフィティアースのコスト軽減+高原、ナイトガーデン、ダークテイマーのCPブーストを利用して大量得点。


問題なのは終盤っていうのが4,5ターン目の話ってこと。
あっという間に試合終わります。

一番やばいのが最後の得点力で、相手のブロッカー3枚抜きながら5,6点取るとか普通にありますし1ターンで8点取れることもあったりします

ルシファー、神カードです。

決めに行くターンはほぼ確実に高原が絡むので、ラダマンティスもしくはロストドラゴンで高原を踏むところからスタートします。
イメージは下の図みたいな感じ。

青紫 図

・CPブースト
以下のアクションがCPを増加させる動きです。

軽減ダークテイマー
軽減1コスユニット+ナイトガーデン
進化ユニット+花の高原
花の高原orナイトガーデン纏め打ち


この動きを利用してCPを増加させます。
CPを増やしてやるべきことは
ブロッカー除去+打点の確保(主としてルシファーへのアクセス)の2つ。

・ブロッカー除去
ロストドラゴン、ラダマンティス、イシスの3体を利用して相手のブロッカーを抜いていきます。
大型ユニットはラダマンティス、小型はイシスで除去することを覚えておけば立ち回りやすいでしょう。
ロストドラゴンはレイシーテイマーと組み合わせることでOCタイニードラコを作ることができ、追加得点を期待できます。
ラダマンティスとテイマーを合わせた得点力は言わずもがなですね。
イシスはデッキの回転役も担ってくれる他、相手の紫ユニットを奪うとルシファー用の打点も確保してくれるのが大きなポイントです。

・打点の確保
ラダマンティス、ロストドラゴンの攻撃で1点。
ここにテイマーやレイシーが絡むとラダマンティスの追撃、あるいはOCドラコで追加得点出来ます。
ルシファーは出すだけで3点入ります。
ここにニャザード、ドラコ1枚に付き1点、イシスで紫を奪うと2点が加わります。
イシスを打点としてカウントする場合はインセプを打って沈黙付与しないように気を付けてください。
スピードムーブが無効になってしまいます。
これらを合わせて平均的に5,6点は取れます。

一番のキーとなるのが3点以上の得点を期待できるルシファーです。
このカードにアクセス出来るように魔力解放やニャザードを使ってデッキを回します。
軽減ルシファー用の5CPが残っていれば問題ないのでこのCPまで可能な限り山を掘りに行ってルシファーに触りに行ってください。
最悪4CPになってしまってもCPブースト手段を引ければまた持ち直す事ができます。


3.各デッキに対する立ち回り


・対赤単
序盤ある程度得点されるのは覚悟で相手のジョーカー貯まる前にトドメを刺しに行きます。
ポイント1:ブロッカーは常に残しておく
ブロッカーがいないのは更地同然です。フェリアカーリーの動きから即死するので殴りすぎないようにしてブロッカーを2体残す意識をします。(1体だとラーから死にます)
ポイント2:アスモデウスで死なないようにする
中盤のアスモデウスが第二の鬼門です。出されたら2~4点ほど失点してしまうのでアスモデウスの射程圏内に入らないように序盤はしっかりブロックしておき、点数を維持します。
ポイント3:グラフィティアースのターンで決める
恐らくこちらの方が多く殴られるので、相手のタワーエグゼクトよりもこちらのグラフィティアースのが早く貯まります。このジョーカーを打ったタイミングで決めるのが理想です。ここまでに上手く手札を作りましょう。killターンの直前にユニットを横に広げてアスモデウスを置かせると、処理しなくてはいけない相手のブロッカーが1体になるのでワンショットが成功しやすいです。

・対青紫
ミラーは並べ合いの牽制から先にアース貯まったほうがワンショットに向かうケースが多かったです。
ポイント1:横に広げる
青紫は縦の除去には滅法強いですが、横に広がった場合の除去をロストドラゴンに頼っているので、低コストユニットを広げられると処理が間に合いません。基本的にはユニットを横に広げていきましょう。
ポイント2:イシスを3回打つ
イシスは極力重ねないようにしてラダマンティスやランタン、タイニードラコ、レイシーに当てましょう。これらのユニットを有効に使わせないことが大事です。
ポイント3:相手にイシスを強く使わせない
上のと反対のことになるんですが、これらのユニットを取られるとテンポを取られやすいので、ラダマンティスはレイシーやテイマーで破壊するなどして自ターンの内に手札に返しておき、決めに行くターンでレベル3で出すのが強かったです。
ポイント4:オベロンケア
入ってるかは人によるんですが、横に広げる時に3000以下ばかりだとオベロンで簡単に負けてしまうので、4000ラインを強く意識します。レイシー、テイマー、ネフティスを絡めて場を作ると壊滅しにくくなります。また、イシスやドラコをレベル2で置くと4000ラインになるのも覚えておきたい点です。3000ラインのユニットを光を呑む闇でレベルを上げてからイシスで奪うとオベロンケアも出来たりします。

・対侍
相手の構築にもよりますが、基本はグラフィティアースでは無くソウルエクスキューションを打つロングゲームのプランで進めます。
ポイント1:ジョーカーゲージを貯める
なるべく最速エンドして小ジョーカーを4ターン目に打てるようにします。土方イサミにこれを当てて盤面を崩しに行きましょう。
ポイント2:沸かなくなるまで倒す
結構ゴリ押し手段なんですけど、イサミ土方を一旦ラダマンティスで除去して磯風を沸かせてからまとめてロストドラゴンで潰す、みたいな場面は結構ありました。
ポイント3:リジェネレートを打たれる前に倒す
リジェネレート採用の青緑型だとジョーカーを打たれたら負けてしまうので、なるべくその前に倒せるように意識します。ここが結構厳しくて中々上手くいかないことが多かったです。

・対ブラフマー青単
イシスを上手く使って相手の2コス以下を消滅させます。
ポイント1:シズクを奪う
相手のシズクに合わせてイシスを出すのが理想です。イシスは3回使いたいマッチングなので使用せずにキープしましょう。奪ったシズクはレイシーやテイマーで使い回すことで相手の他のユニットも消滅させることが出来ます。
ポイント2:横に広げる
対青紫と同じなんですけど基本的に青系のデッキは横に広げられると処理が難しくなるので、珍獣でも良いのでとにかく横に並べてきます。ただ、このとき注意したいのはブラフマーから拒絶を打たれることです。インセプをトリガーゾーンでガメておいて、打たれても良い時は横に広げて、厳しいときは3体で展開を止めておくなど臨機応変に戦うようにしてください。
ポイント3:手札をキープする
相手はハンデスをしてくるので、魔力解放などを使って手札は常に多めに抱えるようにします。むやみやたらと軽減を使うよりは珍獣+魔力解放といった立ち回りで、フィールド+手札の総枚数を少しでも多く出来るようにしましょう。
ポイント4:ラダマンティスを手札にキープ
シズクや沈黙付与で除去されるのを防ぐために得点源のラダマンティスはテイマーレイシーで手札に返してキープしておきます。

・対緑系
序盤の押し込みに耐えられれば中盤から一気に巻き返せると思います。
ポイント1:序盤の押し付けを早めにロストドラゴンで返す
アタランテ絡みの横展開が結構きついので、やられた場合はイシスでライオンハートを奪って横に広げつつロストドラゴンを狙いに行きます。更地に出来る頃にはCPが伸びてきているので、ラダマンティスやテイマー等も含めて処理が間に合うようになっていると思います。
ポイント2:ユニットを撤退する
基本的に得点パターンがケットシー+中華ジョーカーに頼っていることが多いので、ユニットの行動権を残しておくと2点以上の得点がされやすくなります。個々のユニットのBPが低いこのデッキでは貫通と強制防御が有効に働いてしまうので撤退などをして相手の得点率を下げていきます。

・対デスゴリデス
パーフェクトテリトリーの防御不可を利用してワンショットを狙います。
ポイント1:デスゴリデスはレベルを上げて処理
タイニードラコや珍獣を犠牲にしてデスゴリデスのレベルを上げて、それ以上クロックアップできない状態にしましょう。
ポイント2:イシスでゴリデスを奪う
デスゴリデスはレベル3になるとゴリデスを特殊召喚するので、これをイシスで奪うことでブロッカーを退けていきます。
ポイント3:CP増加カードをガメる。
基本的にCP増加カードはまとめうちします。デスゴリデスはターンをまたぐとすやすやスリーピングでレベルが元に戻ってしまうので、決めに行くターンで一気にCPを増やしてルシファーからのkillを狙います。


4.最後に


正直僕自身も割と手なりで回してる部分が大きいので、こうしたブログをきっかけに自分の戦い方を煮詰めていきたい気持ちがありました。まだまだ理解してないところも多いので使用者が増えてプレイングに関する知識が共有できたらいいな、なんて思ってます。

まだ当分はこのデッキで遊んでたいと思ってるのでなるべくエラッタしないで欲しいところ。

ロストドラゴン配布はよ。

終わり。

8割以上出ます。


簡易更新。

TLで話題になってたんで侍使ってみました。

思ってたよりも強かったっていうのが率直な感想です。
レシピはちょっとイジってこれ。

20180813侍

個人的には絆の剣士が弱いと思ったので抜きました。
デッキオリジナリティのポイントもかなり余ってたので別のカードにしても問題ないんじゃないかと。
ディメンションから土方か泰山出てきた方が良い気がします。

後は横並びに対しての処理がしにくい気がしたのでインドラを採用してます。
こっちのユニットはコスト高めなので被害は殆どないはず。
魔法石踏む時に使ったブロナを消滅させてリジェネも対象から外すオタクプレイもする時あるかも知れません。

他にはトリトリ採用して魔石とゲート引っ張ってこれるようにもしてます。
前にレイナさんのリプレイで見たのを参考にしました。

デッキの動きのイメージは土方、イサミ、磯風の3点セットで盤面と手札をキープしつつ泰山と小次郎あたりで除去しつつ得点してく感じです。
2~4点くらいを中盤まで取れてれば後半はリジェネレートデリュージと武蔵で4~6点くらい取れると思います。

武蔵出した時に相手にBPライン負けてたらしょうがないので運命共同体入れといても良いかもしれませんね。
作ったときは全然そこまで考えられてませんでした。

でも3-0なので勝率10割です。
分母が小さくても10割は10割です。

数戦しかわかってないので専門家に意見されたら黙ります。

どせいさんを煽りに行ったら勝ち確逃すミスして負けかけたのがこのデッキの反省点です。

終わり。

夏休みの宿題

1.絵日記

8月8日(水) 晴れ

今日はゲームセンターに昆虫採集をしに行きました。

mushitori.png


かきんをしたらかっこいいクワガタを捕まえることが出来ました。
1匹捕まえるつもりでしたが9匹も捕まえることが出来ました。

クワガイスト

昆虫採集が楽しくてたくさんかきんしてしまいましたが楽しかったので良かったです。
たくさんかきんしたらキラキラしたクワガタも3匹捕まえることが出来ました。
デッキを作って遊びたいと思いました。




2.自由研究


◎目的
昆虫カードを使ったデッキを作成し勝利を収める。


◎実験方法
以下のパーツを元にデッキを構成し、全国対戦に挑戦した。


Fig.1 昆虫デッキベースパーツ
ベース昆虫

本実験における最終的な構築が以下のものである。

Fig.2 昆虫デッキレシピ
201808090030昆虫


◎実験結果
2勝4敗
勝ち越すことは出来なかった。

◎考察
ダンゴマシンが生存せず紫ゲージが増加しないため、ゲージ増加用カードの必要性を感じた。
アザゼルからぶくぶを引き込みたいときにインペリアルソードを引いてしまう事があり、筐体を破壊してしまったため、
インペリアルソードを解雇しインサイトストライフを起用するべきだと考えた。

上記を踏まえ、以下の変更を行う。

out
蘭翔鳳集の舞
インペリアルソード×3

in
インサイトストライフ
封札の紫呪印×3


空いた枠に封札の紫呪印を採用することで
①ゲージ増加
②キーパーツの引き込み
③相手のアクションの妨害によるダンゴマシンの生存
の3点を期待する。


◎まとめ
Can't win also today.

プロフィール

にゃお

にゃお

カードゲーム好きなオタクです。今はCOJをメインにプレイしてます。よろしくお願いします。


Twitterアカウントはこちら↓
https://twitter.com/nya_nyao
アクセス数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR